小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

爆風と花の三鈷峰

もうすぐお盆休み。
毎年お盆の休みは長期縦走に出かけてきた。
はずだった。
しかし、気が付けばもう3年は縦走できてない。
その原因は天気だ。
いつもいつも変わりまくる天気予報に翻弄されまくり、結局縦走決行の決断ができないまま中止になるパターン。

しかし、しかしだ。
今年は状況が違う。
年を明けてから騒ぎ始めた新型コロナウィルスの影響が未だに収まらないのだ。
山の中も今までとは違い、山小屋も営業してなかったり。してても小屋泊もテント泊もほとんど予約制。
感染状況も自粛が解除されてからもどんどん増え始め感染者数だけで言えば緊急事態宣言前より増えてきている。

この状況でgo toキャンペーンだったり、県外移動は自粛してくれだとかでもういったいどうすりゃ良いんだって感じ。
主要な山岳地域に行くためには公共の交通機関を利用する自分のスタイルだともし感染してしまったらと考えるととても予定が立てられない。

しかし、いい加減動きたい。
近所の山をちまちま登ってるのにはもう飽き飽きだ!

何とかアルペン気分を味わいたいと思っていた矢先に知り合いが上げてた動画で行きたい山が出てきた。

鳥取は大山の三鈷峰だ。
まだ登ったことはない。

お盆は正直まだ未練があったので少々早いが移動も車だし、感染対策しつつ行ってみることにした



8月10日に南光河原駐車場で車中泊して翌日アタックすることにした。

2月の敗退の時は大雪だったのが噓みたいな夏山雰囲気。

yo-ji03.hatenablog.com

f:id:yo-ji03:20200815141355j:plain

綺麗な夕焼けを見ながら。

f:id:yo-ji03:20200815141414j:plain

一杯やりながら就寝。
毎晩呑む海童25度を持参。
ちなみに一年中お湯割りです。

【送料無料】【ケース販売】濱田酒造 傳藏院蔵 芋焼酎 海童 黒麹 芋 25度 パック 1800ml 1.8L×6本【北海道・沖縄県・東北・四国・九州地方は必ず送料が掛かります。】

f:id:yo-ji03:20200815141436j:plain


翌朝目覚めるとこの日も良い天気。

f:id:yo-ji03:20200815141507j:plain

しかし、前の晩駐車場でも車を揺さぶられるほどの風が吹いてたんで心配してたんだが、思った通り上空は風が強い。

f:id:yo-ji03:20200815141537j:plain

今まで大山は夏山登山道でしか登ったことがなかったけど、今回目指すは三鈷峰なので大仙寺方面より登山口までアプローチ。
大神山神社の参道を歩いて登山口を目指す。

f:id:yo-ji03:20200815141712j:plain

f:id:yo-ji03:20200815141742j:plain

前回大山に登った時は元谷を下りたのでこちら側は下りで使ったことがある。

yo-ji03.hatenablog.com

f:id:yo-ji03:20200815141804j:plain

ここから先は初めて。

f:id:yo-ji03:20200815141838j:plain

夏山登山道も綺麗な森だけど、さすが西日本一と言われるブナの森。
こちらもむせかえるような美しい緑の森だ。

f:id:yo-ji03:20200815141859j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142005j:plain

しばらく足場の悪い急な道を登ってユートピアまでの分岐に到着。
ここからは少しだけ緩やかになるけどいよいよ風の洗礼を受け始める。

f:id:yo-ji03:20200815142024j:plain

三鈷峰の姿が。

f:id:yo-ji03:20200815142053j:plain

北壁弥山方面。
いずれも近場の山じゃ見られない景色だ。
来た甲斐がある。

f:id:yo-ji03:20200815142113j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142132j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142151j:plain

ぼちぼち花も出てくる。
今回はこのお花畑が目当てでもある。

f:id:yo-ji03:20200815142209j:plain

荒らしい北壁。

f:id:yo-ji03:20200815142243j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142259j:plain

美しいな。

f:id:yo-ji03:20200815142410j:plain

後ろには弓ヶ浜も綺麗に見える。
大山は3度目だけど、弓ヶ浜が見えたのは初めてじゃ?

f:id:yo-ji03:20200815142434j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142457j:plain

登山道沿いもお花畑な雰囲気になって来た。
ちなみに写真じゃ伝わらないけど、もうすでに暴風域に入ったます。(笑)

f:id:yo-ji03:20200815142517j:plain

おっ!ユートピア避難小屋が見えた。
このユートピア避難小屋が見える景色も独特で今回の目当ての一つでもある。

f:id:yo-ji03:20200815142544j:plain

三鈷峰方面は所々崩壊してる個所もあるので離合の際は注意が必要です。
ようやく三鈷峰とユートピア避難小屋の分岐に到着。

f:id:yo-ji03:20200815142707j:plain

良い突き上げ具合だ(笑)

f:id:yo-ji03:20200815142746j:plain

f:id:yo-ji03:20200815142818j:plain

この稜線に出ると一気に花が増える。
北壁に花を添えて。

f:id:yo-ji03:20200815142841j:plain

三鈷峰の最後の登りもガレ場を登って行くので、こんな風の強い日は大変。
慎重に歩く。

f:id:yo-ji03:20200815142928j:plain

風に叩きつけられながら何とか登頂。 
ここもすさまじく風が強い。

f:id:yo-ji03:20200815142945j:plain

ユートピア方面は今からガスがドンドン流れてくる。
せっかく着いたんだけど仕方ない。

f:id:yo-ji03:20200815143120j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143155j:plain

美しき北壁。
これが見れただけでも頑張って登った甲斐がある。

f:id:yo-ji03:20200815143221j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143237j:plain

小休憩した後ユートピア避難小屋に向かう。

f:id:yo-ji03:20200815143318j:plain

夏山登山道6合目避難小屋。

f:id:yo-ji03:20200815143401j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143518j:plain

日本海と三鈷峰の劣峰とメルヘンチックなユートピア避難小屋。
これが最大のお目当て。

f:id:yo-ji03:20200815143653j:plain

そしてお花畑。
風が凄まじいんで花も揺れまくりで写真を撮るのも一苦労。

f:id:yo-ji03:20200815143716j:plain

上手く撮影できないけどこの周辺のお花畑は本当に凄い。
そこまで花に執着ない自分もここは感動した。

f:id:yo-ji03:20200815143739j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143802j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143823j:plain

そして避難小屋から上は禁止されてる縦走路。
途中まで上がってみたけど、縦走好きな者としてはいつかは歩いてみたい。
もちろんこんな風が強い日は絶対に無理だけど。
登山道がこれ以上痛まないうちに本当の山頂である剣ヶ峰も三ノ沢から歩いてみたい。

f:id:yo-ji03:20200815143854j:plain

f:id:yo-ji03:20200815143926j:plain

f:id:yo-ji03:20200815144208j:plain

f:id:yo-ji03:20200815144228j:plain

いい加減風の相手をするのにも疲れたので下山開始。

f:id:yo-ji03:20200815144314j:plain

何よりこの風が台風の影響という事は分かってるので、帰りの運転が心配でいけないので。
北壁に別れを告げて。

f:id:yo-ji03:20200815144330j:plain

三鈷峰は道が狭いので帰りの離合が大変だったけど、無事に下山完了。
下りてくると下の世界はわりと穏やか。

f:id:yo-ji03:20200815144350j:plain

帰りの道中は予想通り風が強いところもあって緊張しながら運転することになったけど、わざわざ出かけて行った甲斐のある山行になった。
大山は九州や四国にいくのにほとんど変わらない時間で行けるんだけど、何故か遠い印象があってまだ4回しか行ってない。
たぶん中国道から先が松江道にしろ米子道にしろ対面通行になって凄く疲れるから今まで敬遠してたんだと思う。
コロナが落ち着いてくれないと九州四国もまだまだ厳しそうだから、山以外の誘惑のない大山もっと攻めるかな?

てか、アルプス行かせてくれよ~!
こんな年に限ってめちゃくちゃ天気安定しやがって!



爆風と花の三鈷峰