小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

今年も石鎚山で紅葉詣で

そろそろ近場の低山も紅葉シーズン到来だけど、一足早く石鎚山で紅葉詣でに出かけて来た。

アルプスなどの高山も紅葉のハイシーズンで何処か遠征行ってみたかったけど、今年は連休に限って台風到来という負のサイクルという異常事態。

この三連休も地球規模最大という超巨大台風が関東を直撃して大変な被害をもたらした。
この台風が自分の住む地域に来てたら…想像つかない恐ろしさだっただろう。
被害に遭われた地域の方々には一刻も早い復旧を願いますとしか言えないのがもどかしい。

何とか三連休の最終日はお天気持ち直しそうだったので、半ば強行軍だったけど、ブロ友のわやさんと日帰り石鎚山に出発。
今年で3年連続で昨年はソロで土小屋で車中泊して紅葉の瓶ヶ森石鎚山を、一昨年はわやさんとロープウェイコースと、今年はどうしようかと悩んだけど、景色の良い土小屋から登る事にした。
あわよくば気になるあのルートを歩きたいと思ってたこともあったので。

そんなわけで、早朝3時に出発!
ところが、前日にラグビーワールドカップの日本対スコットランド戦があったので、思い切り寝不足…

わやさんに運転お任せして仮眠しながら今治市を抜け。

f:id:yo-ji03:20191020134859j:plain

土小屋には6時間半かかって到着。
遠いな…
駐車場はすでに満車だったので、少し下の駐車場に停めて歩き始めたのは9時40分。

f:id:yo-ji03:20191020134925j:plain

f:id:yo-ji03:20191020134953j:plain

神社でお参りして。

f:id:yo-ji03:20191020135016j:plain

f:id:yo-ji03:20191020135032j:plain

寒くもなく暑くもなくちょうどいい気候で寝不足の体にも気持ちいい。

f:id:yo-ji03:20191020135056j:plain

土小屋からのコースは急登もなく歩きやすい道が続く。

f:id:yo-ji03:20191020135150j:plain

笹原が四国に来た!って感じがしますな。

f:id:yo-ji03:20191020135212j:plain

色づいた木々も出てきた。

f:id:yo-ji03:20191020135249j:plain

石鎚山の姿も見えてきたけど、この日はスカッと晴れるわけじゃなくてガスが湧いては消えという天気。

f:id:yo-ji03:20191020135308j:plain

f:id:yo-ji03:20191020135330j:plain

f:id:yo-ji03:20191020135412j:plain

昨年はこの辺りから青空に綺麗な紅葉が始まり、なかなか前に進まなくなったんだけど、今年は今ひとつ。

f:id:yo-ji03:20191020135439j:plain

ようやくガスが晴れて来て良い感じになって来た!

f:id:yo-ji03:20191020135459j:plain

f:id:yo-ji03:20191020135526j:plain

二ノ鎖場に到着。
ここでロープウェイコースと合流すると一気に人が増えて渋滞の中を歩くことになった。

f:id:yo-ji03:20191020135548j:plain

ここからは紅葉の色づきも本格的に増して来て、ゆっくり写真を撮りたいのだが…

f:id:yo-ji03:20191020135612j:plain

後ろにも前にも行列が続くので、なかなか落ち着いて写真も撮れない…

f:id:yo-ji03:20191020135715j:plain

天狗岳の姿が!
相変わらずの存在感!

f:id:yo-ji03:20191020135742j:plain

階段も渋滞するので、普段は感じない高所の恐怖感が増す。

f:id:yo-ji03:20191020135800j:plain

この辺りでヘリが近づいて来て、レスキューなのかずっと上空でホバリングを続けてだと思ったら、今度は離れてまた戻って来てホバリングしてと、緊張感増し増し。

f:id:yo-ji03:20191020135814j:plain

f:id:yo-ji03:20191020135834j:plain

人の波を超えて山頂まであと一息。
ニノ森方面が美しい。

f:id:yo-ji03:20191020135852j:plain

石鎚山弥山到着!
今年も天狗岳が真っ赤に染まって天を突く。

f:id:yo-ji03:20191020135917j:plain

紅葉と雲海。

f:id:yo-ji03:20191020140006j:plain

天狗岳にも人が沢山。

f:id:yo-ji03:20191020140026j:plain

天狗岳にも行きたかったけど、とにかく人の多さが半端ない。ゆっくりとランチする場所探すだけで疲れる。
ま、3年連続訪れてこの景色堪能してるんで、少々お腹いっぱいな感も否めない。
この絶景見れただけで満足。
今年はここまで。

f:id:yo-ji03:20191020140043j:plain

下山を開始する。

f:id:yo-ji03:20191020140100j:plain

天狗岳にご挨拶して。

f:id:yo-ji03:20191020140115j:plain

f:id:yo-ji03:20191020140137j:plain

f:id:yo-ji03:20191020140234j:plain

下り始めてすぐにガスに包まれて森の中はずっと真っ白な状態。
そこに光が差し込むと幻想的に。

f:id:yo-ji03:20191020140253j:plain

森を抜けると汗ばむほどの陽気に。
暑かった〜!

f:id:yo-ji03:20191020140307j:plain

f:id:yo-ji03:20191020140324j:plain

再びガスと光の共演。

f:id:yo-ji03:20191020140342j:plain

下山はちょうど5時間後の14時40分。
帰りのスカイラインからの石鎚山
良い感じにガスが晴れて尖ってました。

f:id:yo-ji03:20191020140357j:plain

帰り際に五色河原に寄って帰路に着いた。

f:id:yo-ji03:20191020140415j:plain

今回はあわよくば東陵ルートを歩きたかったんだけど、日帰りで土小屋はやっぱり遠い。
着いた時はテンション下がってしまって断念。
今度は時間に余裕を持って挑戦したいな。

帰りは久々三津浜港からのフェリーに乗って柳井に帰りましたが、港が松山市街を通るため意外と遠い。
フェリー高いし、正直あんまり便利な気がしないな。

そんなわけで、慌ただしく訪れた石鎚山だったけど、とりあえず期待通りの紅葉は堪能出来たので良しとしよう。もうちょい何処か紅葉登山で遠征したいんだが、候補がなかなか見つからない。

年内にラスト遠征行きたいなぁ!