小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

三倉岳と白滝山で熱中症寸前の歩荷トレ

今年の夏は全国的に尋常じゃない暑さが続く。死者も多数出るほどのハンパない暑さが日本列島を覆う。
正直ほんともう勘弁してもらいたい。
この前の西日本豪雨の時は僕の生活にも影響を及ぼすほどの災害も発生して、未だに通勤や仕事にも不便な事が多い。

災害地区に優先的に持ち込まれるためスポーツドリンクが家の近所のスーパーでも軒並み売り切れ状態。
幸いにもその他の飲み物は在庫があるので助かりますが。

1日でおよそひと月分の雨が降ったせいかそれ以来全くと言って良いほど雨が降らない。あ、この前の台風の時は久々降ったけど。

何年か前北アルプスに初めて行った年もこんな感じで、ほとんど雨が降らなかったくせに連休に入った途端雨続きでえらい目にあったことを思い出す。

ひょっとして今年もそれか?

この暑さで思考回路もまともに働かず、恒例の遠征計画にも全く身が入らず。

今年は涼しくなってから行くか…とか思ってたけど、とりあえず簡単な予定は立てれたので軽くトレーニングするかと重い腰を上げた。

こんなに暑けりゃどこ登っても一緒と思い、あえてきつい三倉岳にまたまた登る事にした。およそひと月ぶり。


登山口に着いて車から降りると、当たり前だけどやっぱり死ぬほど暑い…
やめようかと思ったけどとりあえず歩き始めた。



緑が綺麗!なんて思う余裕なし。



ところが意外な張り紙が。
この前の雨は三倉岳の登山道にも影響を及ぼしてた。
Aコースは夕陽岳まで、Bコースは中岳まで。中岳から夕陽岳間が通行止めみたい。
いつもどおりの朝陽岳~中岳~夕陽岳の周回ルートは中止して中岳ピストンで。



暑い!



アツイ!



中岳と朝陽岳の分岐までの急登をフラフラになりながら登り、今日は朝陽岳パスしてすぐさま中岳へ。







中岳への鎖場到着。
もうヘロヘロ。







到着!



せっかく辿り着いても風がなく日差しがキョーレツで干からびそう。





朝陽岳に目をやると同じタイミングで歩き始めた外国人の男性と女性の2人が手を振ってきたので写真を撮ってあげました。

中岳でしばらく休憩してたらこの2人が上がってきて、色々話して楽しい時間だった。この2人は福山からわざわざ登りに来てて、男性はインドの人、女性はアメリカの人で石鎚山にも登ったらしく、今度は乗鞍岳に行くらしい。
今日は下山後は錦帯橋に観光しに行くと言ってました。

ピストンだったため時間は短かったけど、予想通り暑さにやられてかなり疲れた。
帰ろう…と車を走らせたけど、トレーニングに来たのだからもうちょい歩くか…



と、近くの白滝山登山口へ移動。
ここは以前も三倉岳からのはしご登山で訪れた山。



なんとか心を奮い立たせて歩き始めた。




森を抜けようやく稜線に出たと思ったら、素晴らしい景色の反面日差しが更にキョーレツに!



上からの日差しに加えて真砂土の登山道からの照り返しが半端なく、まるでアスファルトの上を向いて歩いてるかのごとくもう凄まじい熱気!





山頂まであと200mぐらいところまで頑張って登りましたがもう限界。
頭がぼーっとなってきて熱中症寸前。



山頂諦めしばらく風で身体冷まして下山しました。





なんとか無事に下山出来たけど、これはもうほとんど自殺行為やね。
こんな命の危険を及ぼす暑さの日に山になんて登るべきではない。

レーニングになったかどうかは微妙だけど、連休はどうしようかな~?
この先もまだまだ猛暑が続くみたいだし、天気とテンションで決めるしかないね。

あぁ疲れた!
今日は帰って情熱大陸楽しみにしてるのだ!