小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

慰安旅行で小豆島へ~初日島へ渡る~

先週末は会社の慰安旅行。
今年の行き先は香川県の小豆島。
名前はもちろん昔から知ってるけど、まだ行ったことはない。
正直なんとなくは知ってるけど、詳しくは知らない感じ。
オリーブが有名って事と、日本三大渓谷美のひとつ寒霞渓があることぐらい。
旅行日程では観光名所のここにはやっぱり行くみたい。
色々調べていくと、どうやらロープウェイを使わなくても歩いて寒霞渓山頂まで行けたり、寒霞渓山頂からは小豆島最高峰の星ヶ城山まで歩けるらしい。
詳細は2日めに書くとして、かなり自分好みの渓谷で調べを進めて行くうちに楽しみになってきた。

昔BSで森人という番組があって、会社の同僚に録画してもらってたのを思い出して、チェックし直してみると小豆島編もあった。これで、しっかり予習していざ当日を迎えました。

会社から貸切バスで一路新岡山港へ。



港からは両備フェリーに乗って小豆島へ。
70分で着くらしい。
ちなみに乗客だけだと1050円とお安い。



この両備フェリーもなかなか快適で、久しく行けてない我が心の故郷屋久島への船旅を思い出した。
ノスタルジックな時間だった。



徐々に小豆島に近づいていく。



お昼前に目的地の小豆島に到着。
ここからは快適に貸切バスで移動して行く。
まずはひとつ目の観光名所映画二十四の瞳で有名な映画村へ。



ただ、この名所雰囲気は最高なんだけど、僕ら世代にはちと馴染みがない…











ここで醤油ソフトクリームを食べる。
ただ、これはこの後行く場所のフライングになってしまったのだけど。



映画には馴染みはないけど、ここかなり敷地も広くて海のそばで、雰囲気良かった。







小学生以来竹馬に乗ってみたけど、最初全然乗れなくて苦労した。
昔はあれほど乗れてたのに…歳を感じました….



海のすぐそばにそそり立つ山々の姿はやはり屋久島を思い起こさずにはいられない。



お次の観光地はマルキン醤油。





ここも歴史ある醤油蔵。
実はここで本場の醤油ソフトクリームを食べることを忘れてて先ほどの映画村で先に食べてしまった…まさかのソフトクリームのはしごで一応ここでも食べたけど、僕的には映画村の方が好みでした。





そして、今度はオリーブ園へ。
小豆島は日本で初めてオリーブが根付いた場所で明治時代にやってきたので、ここにある原木は樹齢100年くらいになるらしい。



ギリシャ風車。
ここは魔女の宅急便の実写版ロケ地にもなった場所で、この風車の前で無料で貸し出してくれているホウキにまたがってジャンプする写真がインスタ映えする事で有名。



年季を感じるオリーブが沢山あります。







どこか地中海を思わす雰囲気です。



観光を終え、今夜の宿小豆島国際ホテルへチェックイン!
ホテルのすぐそばには潮が引いた時にしか歩けないエンジェルロードがあるので、宴会までの間しばし散策しました。











こうして初日は観光名所巡りでしたが、個人的には次の日がメイン。
早朝から移動するので早く寝なければならなかったけど、宴は夜更けまで続き、果たしてちゃんと起きれたのか?
寒霞渓編に続く!