小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

春の新緑と滝に癒される~寂地山~

先日の熊本地震はまさかの出来事で山口県に住む僕もかなり動揺した。
個人的に九州の中でも熊本は屋久島や大分などと一緒でとても思い入れのある土地だ。
特に阿蘇地方は奥さんとは乙姫ペンション村に泊まったり、この地震で倒壊してしまった阿蘇神社に法華院で年越しした後初詣にも訪れたり、もちろん阿蘇山にも登ったりと大好きな場所だ。
先月子供も産まれたけど、なかなか子供が出来ず、子供が授かります様にとこれも乙姫地区だったと思うけど、子安河原観音に拾うと子供が授かるという石を拾いに行った事もある。

特に山友のU君やCちゃんも熊本県民。1番に彼らの事が心配になって連絡したけど、なんとか無事だったみたいで一安心はしたけど…

こうやって心配することしかできないという事が、もどかしい気持ちでいっぱいだけど、なんとか鎮まってくれる事を願いながら見守る事しか出来ない…

++++++++++++++++++++++++++++++

そんな中この時期はほぼ毎年恒例の寂地山に登ってきました。
なんか九州が大変な時に申し訳ない気持ちもあったけど、子育ての合間をぬって行く山歩きなので
行ける時に行っておかないと・・・ね。

この時期の寂地山は最近ではカタクリ観賞がメインじゃなくやっぱ新緑でしょ!
わざわざ人が多いの分かって登るのだけど、お気に入りの寂地狭の沢沿いのルートは距離が長いせいか
あまり人に出会わない。
静かに沢の音と鳥の鳴き声を聞きながら心の底から癒される道だ。

五竜の滝のマイナスイオンを浴びながら登山スタート。




木馬トンネルを抜けるとそこからは癒しの異空間。
まるでトンネル抜けたら別世界な瞬間。




























登山者も緑色の世界に溶け込んでいく。







上ばかりではなく足もとも新緑が広がる。




大きな岩も木が掴んで放さない。




ヤマエンゴサク。




これは?




見ノ越峠に着いてからは山頂まで快適な縦走路だ。
ここからカタクリロードが続く。




今年はやっぱり暖かいせいか花の数は多いがもうかなりの株が咲き終わってる感じ。
けど、ぎりぎり見ごろか。













山頂にはちょうど12時に着いたせいかもううんざりするほどの人の数。
ひとり山頂を離れ静かな場所に移動してランチと珈琲を楽しむ。




ほんとは冠山まで縦走したかったけど悲しき単独行なので今日も犬戻し狭ルートで下山。
けど、こちらはこちらで新緑美しく時間の経つのが早い。
目の保養になるね。




最近よく雨が降ったおかげか寂地山周辺の滝の数々も水量豊富でなかなかの迫力。
犬戻しの滝も見ごたえ抜群。
ここのテーブルとベンチでお弁当とビール持って終日のんびり過ごしてみたいが、今じゃとても無理。




束の間の癒しの時間でしたが、やっぱり山は良い。
早く九州の地震も落ち着いて、みんなが自然と良い意味で関われるようになる時が来れば良いなと思う。
僕の大好きな九州が早く復興してまた新たな春が来てくれる事を願って止みません。