小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

奥秩父放浪の旅~金峰山~

 

5月4日(月) 天気 晴れのち時々雨



テントでは今回マットを新調したおかげか寒くもなくぐっすり眠れたけど、夜中雨の音が聞こえてた。
翌朝3時頃目を覚ますとまだ降ってる。
この日は金峰山に登り下山後テント撤収してバスと電車を乗り継ぎ大菩薩上面に移動して福ちゃん荘まで上がってテント泊するつもりでした。
その場合遅くても18時頃には着くだろうとという計算だったのだが、雨のおかげで出発を遅らせることにした。
5時ごろ雨足が弱まったのでもぞもぞ起きだして朝食摂って出発準備。
この時点で大菩薩嶺はあわよくば・・・な気分に。

 

結局トイレ待ちなどで6時45分に歩き始める。
金峰山の道のりは昨日の瑞牆とは違って苔むした針葉樹の森を行く。
僕の好きな屋久島の雰囲気にも近く、他の登山者もいないので静かに清々しい気持ちで歩く。

 

 

 

 

しばらく一人歩きを楽しんでると先行の登山者に追いつき、すぐに大日小屋に到着。

 

 

ここでは休憩を取らず大日岩を目指し先に進む。

 

 

大日岩に到着。

 

 

BS日テレの番組「登る女」ではここで女優の小島聖たちがボルダリングしてたよね。

 

 

さすがに一人じゃそんなことをする気も起らず金峰山を目指す。

 

まだまだ遠い。

 

 

秩父は石楠花が多いと聞いてたけどほんとに登山道わきに沢山ある。
花の咲く季節にまた歩きたいな~

 

 

ここから先は雪が出てきて傾斜のきつい場所にもまだまだ沢山の雪が残ってるため他の登山者も軽アイゼンを付けてたけど、登りは何とか付けずに頑張る。

 

そして稜線に出ると。

 

 

一気に視界が開け昨日登った瑞牆山など素晴らしい景色が目に飛び込んでくる。

 

山頂に続く道。

 

 

富士山も昨日よりは多少見える気がする・・・

 

 

ここからはすぐそばは断崖絶壁の岩場の場所も出てくるのでで慎重に行く。

 

 

雪の残る場所では譲り合いながら越えて行く。

 

 

天気予報では雨っぽかったのにそこそこ良い天気で気持ちいい!

 

 

 

ようやく五丈岩に近づいてくるもガスが流れ出してなかなか全貌を見せてくれない。

 

 

そして登りだして3時間20分ようやく山頂に到着!
五丈岩想像以上にデカい!

 

 

 

またしても富士山ちょこっとだけど、これでも全然良い!

 

 

歩いてきた道を見る。

 

 

五丈岩の途中まで登るがてっぺんまでは無理!

 

五丈岩から山頂方向を見る。

 

 

山頂では行動食を少し食べただけですぐに下山開始。

 

名残惜しいが最後にもう一度五丈岩。

 

 

下山はさすがにアイゼン付けて下ったのでスイスイと。

 

下山途中に大日岩に少しだけ立ち寄ってしばらく待ってみたけどガスってて展望が効かない。

 

 

 

諦めて下山開始するけどこの時点で富士見平にもう一泊するつもりになってたかな。
次の日は東京に戻って夜は地元の先輩と飲む約束もあるし、6日からの北海道旅行の荷造りもしなきゃならないしでけっこういっぱいいっぱいだったかも。

 

けど、結果的に大菩薩は登れなかったけど最終日に金峰山だったらここまで楽しめなかったのかもね。
ま、いつも通りだけど結果オーライということで。

 

下山してからは念願の富士見平小屋ビールをいただく。

 

 

くぅ~これは効いた!
美味かった~!
すぐに酔っぱらってしまいしばらく昼寝。

 

下山してみると前日と違って一気にテントの数が減ってた。
この日は周りもすぐに静かになったんだけど、明日は下山するだけなのでテントの中でウィスキーをちびちびやりながら本を読み最後の夜を楽しんでたらいつのまにやら寝てた。



+++++++++++++++++++++++



5月5日(火) 天気 快晴!

 

朝方雨がけっこう降ってたみたいだけど、結局この山行中行動してた時はほとんど雨に降られなかった。
もうチョイ時間的余裕があれば大菩薩嶺も行けたかもだけど、また来ることにしよう。
それだけ初めてきた奥秩父エリアにけっこうハマったかも。

 

下山途中に益富温泉に立ち寄って特急の時間まで5時間くらい温泉入ってビール飲んで昼寝してビール飲んで昼寝して温泉入ってと大満喫してしまった。汗

 

次の日からは北海道に飛ぶのでまだまだ旅は終わらないけど、ここまでで既に旅は終わったようなもんで
北海道は完全に流しでしたね。
初めて訪れるけど。

 

そんなわけでとりあえずこの旅の山行終了!