小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

初めての山~臥龍山へ~

今日は友人K5と新緑目当てで広島の十方山に登るために早朝から出発。

新緑で山が輝く今の時期は暑くもなく寒くもなく1年を通して1番好きな季節だ。
来月に入ると梅雨が始まるし、やっと梅雨明けしたと思って山に入ると想像以上の
暑さに体がびっくりするし・・・
今のうちに楽しんどかなきゃ!




と、思ってお気に入りの十方山の登山口が近くなると、なんと土砂崩れによる通行止めが・・・!
しばし途方に暮れるが話し合いの結果まだ行ったことはないがずっと気になってた臥龍山に登ることにする。
国道191号線沿いの山は深入山しか登ったことがないので道中わくわくしながら向かう。
そんなこんなで臥龍山登山口を探し登り始めたのは11時。
いつもながら遅い時間だけど今日はアクシデントなので致し方ない。
しかし、聖湖キャンプ場入り口登山口からなのでそんなに時間はかからないだろうと
ブナの新緑の光に包まれる明るい登山道をのんびり行く。







初めて登るけど噂通りの美しい原生林の森に心が躍る!
しかも、道も広いし緩やかな登りだし気持ち良い!

ブナ林好きのK5も楽しみながら登ってます。







時間が遅いせいか他の登山者の姿はなく途中の合流する菅原林道から写真撮影に来てた
若い方に出会ったのみ。
後は鳥のさえずりのみ。
静かなもんです。

行けども行けども新緑の美しさは増す一方。
予定変更の山になったけど結果オーライいや、それ以上だね。







ブナ林を抜け稜線に出ると庭園風な登山道を歩き山頂には12時15分に到着。
1組のご夫婦が入れ替わりに下山されていきました。
そこからは貸し切りの山頂で日向ぼっこしながらのんびり休憩した。







臥龍山山頂は樹林に囲まれ展望はないけど、広々とした感じでこれはこれで気持ちよく
ランチして珈琲飲んでもまだまだ寛ぎたい好みな雰囲気の山頂だった。

下山は千町原登山口まで下りてぐるっと1周して駐車場まで戻るつもりだったけど
歩いてきた道があまりにも気持ちよかったのでピストンで戻ることにした。
今回は初めてで急に決めたこともあったので次回またゆっくり別の道を歩こう。

林道に合流して歩いてるとリンドウの群生地があった。(シャレではない)




下山して十方山登ったら浸かろうと思ってた潮原温泉まで戻り汗を流した。
ここの温泉は5階に浴場があり露天風呂もあるので、新緑を眺めながら湯に疲れるので癒される。

思いがけないトラブルで予定にはなかった山に登ることになったけど、臥龍山最高に良い山で次回はやその周辺の聖岳高岳にも行ってみようと思う。