小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

スノーハイク十種ヶ峰

昨夜は山間部では大雪の予報。
朝ぼちぼち起きてもろもろ準備して冬の定番阿東町の十種ヶ峰(988.8m)へ。
久々のソロハイクです。

雪山歩きを始めて毎年十種ヶ峰には通ってるけど雪もどっさりあるし、そこそこきつくて雪山登ったーって気分にもなれるので冬のお気に入りの山です。
夏は全く来ないのにね。

登山口を11時40分に歩き始める。
歩き始めは良いお天気だったのに、すぐに雪が降り始めレインウエアを
着ようかどうしようか迷いながら歩く。




雪はなかなか止まずバンバン降りだし、気づいたらザックがびしょ濡れ。
今日は登りではスノーシューは使わず、下りで使おうとつぼ足で頑張る。
樹林帯を抜け稜線が近づくと徐々に雪も止むが、まだまだガスってます。




雪がドンドン深くなっていくがこれがもう楽しい!
膝上ぐらいまであるので雪の中をザブザブ泳いでる感覚。
普段こんな雪の中をズボズボ歩くことはまずないのでこの非日常的な感覚がたまりません。




山頂見えるがガスってますね~




途中トレースが雪で埋まりけっこうなラッセルを強いられるが何とか肩に到着。




するとここから天気がみるみる回復。
青空が見えてきた。
そして霧氷も。







いつも雪山歩いててなかなか青空に出会えないので今日はラッキー!
しかし、そこに見えてる山頂までがけっこう遠い。
急登を所々ズボズボ膝まで埋まりながら歩く。




13時20分に山頂到着すると、ガスが流れ続けて青空が出ては消えなので今日は全く寒くない。
いつもは凍えそうで早々に退散しますが、今日はゆっくり激辛ラーメン食べて帰りました。







下りはスノーシュー付けてトレース外しながらスイスイ遊びながら歩きました。
十種ヶ峰も昨年の豪雨被害で登山道に土石流が結構流れてましたが、比較的問題なく歩けたので
良かったですが、根こそぎ倒れた木々を見ながら自然の力と恐ろしさを感じました。
ともあれ、スノーシューハイク楽しい~また来よう!