小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

北アルプス4泊5日の旅 day2 #1

8月15日(木)天気快晴!

 

徳沢園の夜は移動の疲れか爆睡してしまい、早朝3時から5分おきに4回かけた目覚ましに気づかず
ラストの一回でやっと目が覚めました。
さぞ、周りに迷惑だったことでしょう・・・

 

この日はとうとう憧れの槍ヶ岳に向けて出発です。
しかし、焦らずのんびりしっかりと準備し5時半に歩き始めました。

 

横尾までは平たんな道のりなので準備運動にはちょうどいい。
天気も申し分ないし、梓川沿いの道は樹林帯でも涼しくて気持ち良い!

 

8時に槍沢ロッヂに到着。

 

 

ところが、ここに到着した時はすでに足に疲労が溜まってることに気づき、調子があまり良くないと
分かりました。
この先この荷物を担げるか非常に不安でしばし考える。
しかし、ここで止めるわけにはいかないので10分休憩してとにかくゆっくり無理せず登ろうと決意。

 

ここからはドンドン登っていきますよー
景色も天気もドンドン良くなります!

 

 

ババ平到着。

 

 

そして水俣乗越に到着するがすでに足がパンパン。
けれど、ここからが長ーい道のりの始まり。
登っても登っても槍ヶ岳の姿が見えるどころか、天狗原の分岐にもなかなかつかない・・・
ひたすら我慢の登りが続く・・・

 

天気が良いのが救い。
なかなか足が上がらなくなってきたのでたびたび休憩しつつとにかく歩くだけ。

 

 

やっとこさ天狗原の分岐に着くもすでに疲労困ぱい・・・
ここからの登りは過去最高にきつかった・・・
ほんとにたどり着けない気がして疲労からか何か目の前を横切る幻覚が見えたりとかなりやばかった・・・
典型的なハンガーノック(シャリバテ)か。
カロリーメイト食べると少し回復。
とにかくたびたび休憩しつつ進む。
どのくらい歩いたかわからないけどやっと槍の姿が・・・!

 

 

やっと・・・見えた・・・槍様や!
これが今まで夢にまで見た頂だ。
しかし、感動するどころかまだまだ先は長い。
ほんとの登りはここからが本番。
まだまだ遠い。

 

ここからは岩場の登り。
登れば登るほど大きくなる槍ヶ岳に近づいていく。
登れば登るほどその圧倒的な存在感に畏敬の念すら覚える。
なにやら呼吸が荒くなる。

 

 

なんとか今夜の宿の殺生ヒュッテに到着するが、テント建てる場所を探すのもめんどくさいほどに
疲れ切ってました。
ここまで8時間かかりました・・・
何とか岩ごつごつの場所にテント建て終えると雨がポツポツ・・・
今日は槍に登るのは無理だな・・・
小屋でビール飲んでうどん食べてテントで昼寝することに。

 

30分ほど昼寝して15時にテントから顔を出すと・・・晴れてる・・!
明日はたぶん晴れるだろうけど今登らなきゃ明日は登る元気がないかも・・・
さっきまでの弱気な自分を奮い立たせて急いで準備して槍ヶ岳に向かいました。
さっきまで疲労で一杯だったのにこの時のテンションって言ったらハンパなかった!
行ったるー!
絶対登る!
今日登る!
もう上しか見てなかった。

 

 

そして、肩に到着。
今から登るぞ!