小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

GWは恒例の屋久島へ 其の2

明けて5月5日朝5時。
この日も文句なしの快晴です。

 

 

毎日この朝日を拝んでから山に向かう日々。
非日常的なこの生活の贅沢なこと。

 

もろもろ朝の身支度を終えて登山口に向けて出発!
今日ももちろんU君とCちゃんとご一緒です♪

 

登山口に着いてヤクスギランドより見上げる太忠岳。
天柱石がそびえ立ってます。

 

 

7時過ぎに歩き始めるとすぐにこの森の美しさに心奪われました。
なんとも綺麗な森です。
早朝の気温の低さもあるけれど、とにかく清々しい!
昨日とは打って変わって屋久島らしい森に女性人達は一気にテンション上がります。
実はここまで体調が思わしくない女性人2人は太忠岳まで行くかかなり悩んでましたが、一歩森に
入ると考えが一気に変わりました 笑

 

 

 

これぞ屋久島な風景に心癒されながら歩きます。
ほんと気持ち良い!
2日目にここを選んで正解です。
ね、Cちゃん?

 

 

蛇紋杉のあずまやからは本格的に登って行きます。
しかし、倒れたとはいえ蛇紋杉の根の芸術的な姿はしばし見入ってしまいますね。

 

 

たぶんこれは釈迦杉だと思うんだけどプレートがないのでどうなんだろう?

 

 

登山道はこれからかなり急登になっていき、根やロープなどを掴みながら山頂を目指し最後の岩場を
乗り越えると・・・

 

 

どーんと天柱石の台座に到着!

 

 

昨日よりは登山者もいるけれどそれでも少ないほうです。
山頂では定番の屋久島ジャンプ!

 

 

天柱石のデカさ分るかな~?

 

 

あちらには前日登った愛子岳が。

 

 

山頂では他の登山者も下りて行ったためかなり長い時間満喫出来て至福のひと時を過ごせました。

 

そして後ろ髪をひかれる思いで下山開始。
下山中も綺麗な森に感動しながら。

 

 

おっ!寄生虫か!?
吸い取ってるね~枯れちゃうぞ 笑

 

 

 

 

下山は仏陀杉を経由して帰りましたがどこ歩いても屋久島らしい巨木と緑一杯の景色にもう、帰りたくない!とずっと思いながら歩いてました。

 

下山後はキャンプ場の近くのグリーンホテルで温泉ではないけれど、お風呂に入って汗を流し、ここで
宿を変えるU君達と別れ僕たちは二人で屋久島最後の夜を満喫しました。

 

最後の晩餐は前々から行きたかったRiverSideCafe散歩亭にて打ち上げ。
考えてみたら今回で屋久島5回目ですが、今年で初めて奥さんと2人で食べる機会があったことに気が付きました。いつも、何人かで常に行動を共にしてたからね。
しかも全て麓のキャンプ場に泊ったのも初めてである意味今までにない屋久島旅行になりました。

 

++++++++++++++

 

最終日もしつこいけど最高の朝日を拝んでから帰りました。

 

 

ところが、ここから予想外の事態に。
帰りはいつもの屋久島2ではなくて少しでも早く帰りたいので乗ったことのないハイビスカスで帰ること
にしてたんですが、いざ、港でチケットを買う時に係りの人に「港は谷山港ですが良いですか?」
と聞かれ「何処それ??」となり鹿児島港に着くものと思ってた僕たちは少々パニック・・・
だってガイドブックにもチケットにも屋久島→鹿児島としか書いてないからね。

 

しかし、そばにいた旅慣れた人が色々教えてくれて、すぐさまスマホで検索してくれて港からはタクシー呼んで最寄りの駅まで移動しそこから中央駅まで行き、後はタクシーで鹿児島港に行くことをすすめられました。

 

なんとか安心してハイビスカスに乗り込み寛いでるとさらにその方が、屋久島で知り合った別の若い旅人を紹介してくれて相談した結果タクシーで一緒に鹿児島港まで行くことになり、おかげで予定以上に早く港に車回収しに行けてほんと助かりました。
同乗した群馬から来た若人たちも気さくな人たちで最後はドラマティックにこの旅が終われて楽しかった~!
旅ってほんと出会いやね。
おかげで勉強になりました♪

 

そんな感じでまたもや屋久島に行けましたが、やっぱり年に1度は屋久島で心の洗濯しないと生きてけません 笑

 

来年はどうなるだろかね~?