小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

GWは恒例の屋久島へ 其の1

今年のGWはあえてあまりプランは立てず休み間ずっと晴れそうだったら屋久島に。
天気次第では九州方面でぶらり旅もいいかな?などという軽い気持ちで過ごすつもりでしたが、蓋を開けてみれば連日の晴れマーク!
となれば、どうしても恒例の屋久島へ行ってしまうのでした~!

 

++++++++++++

 

2日の夜仕事終わりにいつもどおり高速500キロぶっ飛ばし鹿児島港へ。
着くなり1時間ちょい仮眠するともう朝じゃん!
天気はド快晴!

 

フェリーではいつもワクワクでうろうろしっぱなしですが、今年は奥さんと2人の為かおとなしく寝てました。

 

デッキに出てみると愛しの屋久島の姿が。

 

 

明日は写真中央左側の鋭鋒に登る予定。
3泊4日の滞在中のプランは縦走はせずに麓にキャンプ張って日帰り登山を2日ほどする気ままな計画。

 

島に上陸後はとりあえず焦る旅でもないのでまずは近場の益球神社で旅の安全を祈ってきました。

 

 

いつもは着いてすぐにレンタカー借りて島内走りまわったり、観光したり、すぐに山に入ったりと忙しくしてるけどたまにはこんな風に2人でぷらぷら歩くのも良いね!
初めて宮之浦周辺を歩けました。

 

 

Stax Cafeでランチしてバス停で待ってると車に乗った地元の方が「何処まで行くの?」と聞いてきたので「小瀬田まで」と言うと「ちょっと遠い!」と断られてしまいました。
てっきり乗せてってくれるかと思いきゃ乗せてくれんのかい!

 

で、結局バスで空港前の温泉「まんてん」へ行きさっぱりした後は、この旅のベースキャンプ地安房の番屋峰キャンプ場へ。
今回の宿にこの場所を選択して大正解でした。
とっても快適で海のそばでロケーションは最高だし、手作りのベンチやテーブルなどが多数あり、近くにはAコープがあって買い出しには困らないし、もう完璧。

 

 

夜はキャンプ場でまったり食べて飲んですぐに就寝。
いつもは山の中の静まりかえった中で寝てますが、今回は波の音を聞きながら爆睡できました。。。

 

++++++++++++

 

明けて4日は当然のように良い天気です。
朝から完璧な朝日を拝んで出発です。

 

 

さぁ!今回の目的のひとつ愛子岳へ!

 

 

この日からは運良くレンタカーを借りれたので登山口まではあっという間です。
ところが、8時半に小瀬田の登山口に着くも予約していた登山弁当を取りに行くのを忘れるという
凡ミスが。
再び安房まで取りに戻り9時半に歩き始めました。
これが、日帰り登山の良いところね~しかし、余裕ぶっこき過ぎで気が緩みすぎ。

 

愛子岳の森はこれぞ屋久島な巨木群がる森じゃなくて、少々地味な感じの登山道が続きますが、大好きな屋久島の山を歩いてると言うだけで僕は幸せ気分なのです。

 

 

 

ところが、奥さんは「屋久島っぽくない・・・」と少々テンション下がり気味ですが、「これも屋久島だ!」と僕は何とかテンション上げてもらおうと必死・・・

 

たんたんと登ること3時間、やっと山頂が見えてくるとここからはロープなどが出てきてとたんに
奥さんのテンションアップ!!
あなたこういうの好きね~

 

 

ロープや岩場を登り切ると途端に視界が開け・・・





 

おぉ!何この景色!?
ここまで登った甲斐のある素晴らしい景色!

 

そして、やっとこさ山頂に到着すると目の前には奥岳のの連なり後ろには海と空が1つで、ここは今まで見た屋久島の景色でナンバー1の眺望じゃない?
そのくらい素晴らしい景色でマジ感動しました。
登山者もほとんどいないし、ここはほんとに屋久島?って感じだしね。

 

 

と、山頂で絶景見ながら食事してると後ろから聞きなれた声が。
なんといつものU君とCちゃんが登場!

 

U君達とは今回の旅は屋久島行くならご一緒しましょうという話だったんだけど、当日になってU君が体調不良に。
急遽僕達だけで来ることになってしまいましたが、体調回復したU君達は1日遅れで島に入りその足ですぐに愛子岳に登って来たのでした。
なのでここからはいつもの4人での旅に。

 

 

しかし、ここから眺める奥岳の稜線ラインは本当に綺麗だったね。。。
昨年はあそこからこちらを眺めてたんだな。。。

 

 

海の眺めも似たような景色が拝めるモッチョム岳よりも標高が高いので高度感バツグンで宮之浦港
安房港両方眺めれるし立地バツグンで絶対お勧めですよ!
運が良ければ真下の屋久島空港から飛び立つ飛行機が眺めれるかもよ!?

 

 

その後は夕方16時に下山し、今度は尾之間のJRホテルのヌルヌル温泉入ってキャンプ場に戻ってこの日の夕食はキャンプ場併設のやくどんで。
解散後はテント前のベンチで一人波の音をBGMにちびりちびりやりながらまったり。
あ~幸せ。

 

ほどほどでテントに戻り明日も早いのでこの日も早々就寝。
明日はさらなる良い景色に出会える!?