小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

坊がつるで会いましょう

真冬の坊がつるでテント泊がしたい。
毎年冬が来るたびに考えながらもなんだかんだで行けずじまいでした。
今年も気づけばもう2月も終わりに近い。
今年も行けなかったなーと思ってましたが、先週末ようやく勢いで重い腰も上がり一人で九重へ
向かいました。

 

+++++++++++++++++++

 

金曜日の夜パッキングして次の日早朝出発して牧ノ戸から入山するつもりもまたもや寝坊。
一度は中止にするが諦めきれずに9時に出発。

 

プランは運転しながら考え車中泊にするかテント泊にするか悩みましたが,せっかく思い荷物
持ってきたんでテント泊に決めました。

 

ちなみに九重までは一人ですが坊がつるで久々U君と待ち合わせ。
U君とは昨年の盆休みに雨の中北アルプスを3泊4日で縦走して以来久々のご一緒です。

 

先週末の天気予報はお天気マークがばっちし出てたんで雪景色にはそんなに期待していませんでしたが、
寒さはまだまだかなりのものだと期待?しつつ九重へ。

 

長者原に着いて歩き始めたのは午後15時。

 

 

森の中は所々雪も残り出会った登山者も2~3人でほんと静かに歩けました。
考えたら九重には10回くらい来てるけど一人で歩くのはこれが初めて。
道中そんなことを思いながら晩冬の冬枯れ景色に妙に新鮮な気分で歩きました。

 

 

歩くこと1時間ちょいでようやく坊がつるが見えてきました。

 

 

久々の坊がつるは昨年の6月以来で,あの時は緑一杯ミヤマキリシマ満開で文字通り華やかな印象だったけど、さすがに雪もなくモノクロな世界という訳でもなく物悲しい雰囲気ね。

 

16時40分に着いてからも寒いんでさっさとお家を建ててテントの中でまったり。

 

 

そして行動食食べたり寝転んだり待つこと2時間、ようやくU君が到着。
久々の再開もそこそこにU君がテント立て終えるとすぐさま温泉に。
風呂から上がるとお決まりの宴会始まりで法華院の談話室でけっこう飲んだな~
おかげでまたもやいつ寝たのか覚えてなくまたしてもマットから落ちてしまい、夜中3時ごろあまりの
寒さで目が覚め凍死するかと思った・・・
いい加減まっすぐ寝ましょう・・・

 

+++++++++++++++++

 

翌日朝6時半にU君に起こされ外に出てみると上空にはガスが物凄い早さで動いてました。

 

 

この日登る予定の大船山はまだ見えません。

 

朝からラーメンと昨日の残りのご飯を流し込み8時に登り始めました。
山の中はけっこう雪残ってて所々凍結してましたが、踏みしめる雪の音や静かな雰囲気に心癒された。

 

 

途中からはささやかながらも霧氷も。

 

 

 

そうして段原に着くとガスもなく青すぎな程の空が!

 

 

 

しか~し、大船山山頂に近付くと暴風が吹き荒れ始めた!

 

 

山頂から逃げるようにして御池に下りて遊ぶことにしました。

 

 

初めての御池では滑ったり寝転んだりコーヒー飲んだりとまったり~の。
北九重の御池では人が沢山いるでしょうがこちらはほぼ貸切でしたよ。

 

 

しばらく遊んだ後山頂に登り返すと風はさらに強まっててまともに立ってられないくらい!
体感温度はマイナス20℃以下でしょう・・・
しかし、この日は本当に青く澄んだ空に景色も遠くまでくっきり。
由布岳の姿も綺麗に見えました。

 

 

暴風の中しばらく展望を楽しんで下山を開始しました。
あまりの寒さに頭がキーンと痛くなってきた。
耳取れそうですよ・・・

 

そして下山途中にサプライズが!
前日の夜にU君のテントで飲み直してた時に電話で「久々会いたいね~」と話してた
U君の彼女のCちゃんがこの日わざわざ会いに登ってきてくれました。
これにはびっくりで少々感動した(涙)

 

少しだけ挨拶した後は山頂に向かうCちゃんといったん分れ僕らは下山してテント撤収作業に。
撤収終了と同時に大船山往復してきたCちゃんと合流して3人で長者原に下りる事に。

 

 

この3人で歩くのは一昨年の屋久島縦走以来。

 

寒い思いもしたけど天気もバツグンに良くて本来の冬の九重の姿とまでは行かないまでも十分冬テント泊を満喫出来た週末でした。

 

急なお誘いに付き合ってくれたU君にCちゃんありがとね~
また一緒に歩こうね~!

 


www.youtube.com