小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

<span itemprop="headline">登り納めは干支の山へ</span>

今年は辰年なので、龍や竜の名の付く山から登りたいな~と考えてて正月にまずは「竜ヶ岳」に
登り、その時点で下関の竜の名の付く山の「竜王山」で登り納めをしたいと思ってました。

竜王山は奥さんが小さい頃下関に住んでて、その校歌の中にも名前が登場するらしくぜひいつか
登りたいと言ってた山でやっと念願叶った感じ。

昨日の昼過ぎに自宅を出発し、下関に着いてからは奥さんの昔住んでた街の思い出巡りをして
夕方にはかなり離れてましたが「一の俣温泉」へ。
この温泉は雰囲気も泉質もかなり良い!お肌がすべすべになっておすすめです!

この日のお宿は再び高速に上がり「壇ノ浦SA」で車中泊
昼ごろから強まってた風が夜にともないドンドン強風になって行き、たびたび車が揺す振られるほどに。

それでもけっこう熟睡できて朝起きてみると、風もまだまだ吹き荒れててさらに雪もバンバン降ってました。
決行か撤退か迷うがとりあえず登山口まで行ってから決める事に。

登山口に付くと風は多少収まってきたけど雪はなかなか止みそうにない。
けれど、行けるとこまで行ってみようと9時半に今年最後の登山開始!

登山口は吉見竜王町から登りましたが、最初は龍王神社の中宮を通過。
山は竜王、麓の神社は龍王なんだけど、ガイドブックにはどっちも竜王になってるし、ナビも
色々違ってるしどっちがほんとなんだろう・・・?




続いて上宮へ。




ここを参拝するには登山靴を脱いで素足で行かなければなりません。
しかし、こんな雪の降る日に裸足で石段を登る勇気や信仰心なんぞ持ち合わせていない2人なので
すぐに山頂目指して歩き始めました。
ちなみに上宮の鳥居付近にあった温度計はこの時点で-3℃。




ここを越えてからの尾根歩きは快適でしたが雪と風もまた少し強くなってきて、寒さが厳しい!

しかし、予想以上に雪景色で楽しい~




そして、11時20分に山頂到着~!

さっそく鐘を鳴らす奥さん。




山頂の気温は-4℃でしたが、風も雪も強いのでゆっくり休憩するには寒すぎ。




快晴とはいきませんでしたが、山頂からは響灘や綺麗な山並みも見えて良い景色でした!




山頂では5~6人と出会いましたが、あまりに寒いのでみなさんすぐに下山していき、
僕らも別にお腹も空いてないので下山に取り掛かりました。

下りは雪の付いた急坂になるのでけっこう滑って歩きずらい!
案の定奥さんが派手に滑ってこけました・・・

予定通り12時20分くらいに登山口に帰り着き、なんとか無事に登り納めができました。
登り納めで登れたら良いなという気分だったのに雪景色のおまけつきでとても良い山でした。

+++++++++++++++++++++++++++

今年は北アルプスをはじめ色んな新しい場所も歩けたし、かなり痛い目にもあったけど、
色々と勉強にもなった1年でした。
素晴らしい景色にも出会えたし、奥さんもホノルルマラソン完走出来たし全体的に見てかなり充実な年だったな~
来年も素晴らしい景色に出会え、安全に登れますように。

おっと、今夜はクリスマスイブだった。。。