小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

燃える涸沢 day1

前回の北アルプスのリベンジというわけではなく、7月に計画していた奥さんと2人で行く予定だった
北アルプスが天候不順で中止、9月に計画し直したものの、仕事の都合がつかなくなり、またまた中止。

 

今年はもう無理かな、と思ってたらひょんなことから3連休が取れることになり、紅葉真っ盛りの
涸沢に行ってきました。

 

今回は候補地を色々挙げて、天候を見守りつつギリギリまで行先を悩みました。

 

中央アルプス八ヶ岳や、四国や九州や、、あれこれ下調べし出発3日前に、奥さんご希望の涸沢に決定しました。

 

++++++++++++++++++++++

 

10月6日(曇り)

 

朝5時半に自宅を出発し、電車、新幹線、特急、電車、バスと乗り継ぎ、15時半やっとこさ登山口の
上高地に到着。

 

憧れの上高地に着いてもその余韻に浸ることなくすぐに歩き始めます。

 

上高地から見上げる穂高連峰

 

 

あ~やっとここまで来れた!今年はここに来たい!と、ずっと願ってたんで感慨もひとしおです。

 

が、そんな悠長なこと行ってる場合ではなく、この日の目的地徳沢までいつもより早めのペースで
歩きます。

 

奥さんも長い移動の疲れもありますが、頑張って歩きました。

 

河童橋には少し立寄り、写真だけ撮って出発!

 

 

徳沢までは平坦な道を行くのでガンガン飛ばしていきます。

 

時間が時間だけに人も少なく、静かに歩けたのが、かえって良かったかな?

 

明神岳を横目に見ながら。

 

 

40分後に明神館に到着するも立寄りもせずにスルー。

 

 

しかし、明神岳かっこいい!

 

ゆっくり立ち止まって眺めたいね~

 

 

で、今回の宿の徳沢キャンプ場には予定通り17時に到着~

 

予想してましたが、既にひじょ~に沢山のテントが建ってました。

 

けれど、徳沢のテン場はかなり広いので十分快適な場所に建てれました。

 

これ以上にないくらい快適なテン場です。

 

7月にはここの徳沢園に泊る予定でしたが、なんとも言えないくらい雰囲気最高の宿でした。
(外から見ただけですが。)

 

着くなり素早くテントを張り、まったりと。

 

奥さんは隣の徳沢ロッヂにお風呂に入りに行き、僕はお酒でのんびり過ごし、短い時間でしたがやっと落ち着ける時間が持てました。

 

そんなこんなで慌ただしい1日が終わり、2度目の北アルプスの夜が更けていきました。

 

明日は念願の涸沢まで。

 

この時点じゃ紅葉の状況はまだまだ分りませんが、期待を胸に夢の中へ。。。