小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

念願の大崩山へ

土曜日はず~っとずっと行きたかった大崩山のパノラマコースを歩いてきました。

 

今回は初めてなので、ブログ友のNさんにガイドを依頼しました。
これが大正解でむちゃくちゃ楽しい山行になることに。

 

金曜日仕事が終わるとすぐにそのまま高速に飛び乗り九州に向けて出発。

 

この日の車中泊場所の「道の駅うめ」には22時半に到着。

 

軽く一杯飲んですぐに寝袋に潜り込むが、この日は興奮してたのかほとんど寝れないまま
朝を迎えました。

 

5時に待ち合わせの美人の湯に向けて出発!

 

美人の湯に着き、トイレに行こうと外に出ると満点の星空!
今日は良い天気になりそう~

 

6時半にNさんとご対面しました。地下足袋を履き現れたNさんは僕より少し背が高く見るからに
山慣れした感じでひじょ~に頼もしく感じました。

 

そして7時前にいよいよスタート!

 

最初はまだ薄暗かった森の中を歩き、開けた場所に出ると朝陽に照らされた小積ダキのお姿が。

 

 

いや~かっこいい!
しかもなんたる快晴!これまで天候や体調などで何度か中止になってたんだけどここまでひっぱって
きた甲斐があった。

 

さらに寄り道して小積様のビューポイントへ。

 

 

う~ん写真じゃこの感動は伝わらないね。。。

 

そしてしばらく歩いてから本格的に登山開始。
Nさんからも「ここまではハイキング。ここから登山開始です」と言われました。

 

そこから袖ダキ展望所へは鬼の登り!
ぐんぐん登って行くNさんに必死について行き最後のロープを登りきるとそこには・・・

 

ドーンと小積様が!

 

 

これまた写真じゃいっさい伝わりません・・・
その圧倒的な存在感に言葉を失います。なんたる迫力。
帰りはこの上にも立寄ります。
しかしさっき見た姿とはまるで違うのでとても同じ岩とは思えません。

 

そして横に目をやると今度は写真で良く見る下湧塚が。これまた感動。

 

 

乳房岩に立寄りましたが、岩が少し凍っててなかなか登るのに苦戦しました。

 

 

中湧塚からは上湧塚を目指します。

 

 

そして上湧塚に登ると七日廻りの特徴的な姿が。

 

 

う~ん何なんだろうね~なんであんな場所にあんなでかい岩がポツンと・・・

 

そしてここからは展望はあまり良くないという山頂を目指してだらだらと登って行きます。
展望悪くても初めてなのでとりあえず行っとかなきゃって感じです。
が、この日一番この時間がきつかったかな?

 

スズタケをかき分け山頂に到着。

 

 

確かに展望あまり良くないけど山頂の少し手前の石塚からは素晴らしい景色が。

 

天気最高で風もなく気持ちいい。

 

祖母山もくっきり!来年も行くからね~

 

 

ほんと見渡す限り山に囲まれててまさに秘境。えらいとこに来てしまったな~て感じです。

 

下山は坊主尾根コースを歩きます。

 

ここ最近の冷え込みで山の中は霜柱やつららに岩には薄く氷が張ってて、少しずつ冬になってるな~
と実感。

 

今度は横から湧塚を見ます。もう大迫力でほんとにここ日本?

 

 

小積ダキの上も歩いて風もなかったので先っちょの岩の上にもたってみました。

 

 

ここからは、いったい何個あるの?ていうくらいの数のハシゴやロープを下りながらどんどん下山
していきます。

 

帰りはお互いバンドをやっていたこともあってか、聞いてきた音楽も偶然にも同じでかなり
マ二ー話に盛り上がりました。

 

若い頃よく福岡に外タレのライブに行ってたんだけど、聞いてみると何回か同じ会場にいたみたいでした。

 

そして15時前に下山するとこの日は大崩の茶屋にお泊りなので、美人の湯へ。

 

風呂から上がるとそこから宴会スタートで、宿に帰ってからも飲み続け気がつくと朝でした・・・

 

美人の湯で生を3杯と瓶ビール1本と宿で焼酎のお湯割りを4杯飲んだとこまではかろうじで覚えてるんだがそこからはまったく記憶がございません・・・

 

朝、話を聞くとかなりはじけてしまったみたいでメガネは曲がってるし、手にはやけどの跡もあるし、
迷惑かけたようで反省するばかりです・・・

 

とにもかくにも初めての大崩山はかなりの大満喫で終わりました~

 

Nさん、ほんとに何から何までお世話になりありがとうございました!

 

今度は飲み過ぎないように気を付けます(笑)またよろしくです!