小休憩は?

趣味の登山や週末の出来事を綴ります。

坊ガツルで月見酒その2

前回の続きで長者原を出発して雨ヶ池を経由して坊がつるを目指します。

 

歩き始めると荷物の重さも気にならなくなり緑の綺麗な登山道を進んでいきます。

 

 

この日の天気は晴れのち曇りの予報だったんだけど、登り始めから天気はすっきりせず
木の間越しに見える空もどんよりした感じ。しかしタデ原湿原で出会った年配の女性に
聞くと「今日は晴れ。自信を持って言える。」と聞いたんでその言葉を信じて歩き続けました。

 

そして雨ヶ池のヤマラッキョウのお花畑に到着。そこで少し休憩を取りました。

 

 

休憩を終え再び出発!

 

雨ヶ池からは坊がつるに向けてひたすら下って行きます。
そして今日の宿泊地の坊がつるに13時過ぎに到着!

 

 

1年ぶりに来たけどやっぱりこの山を越えた場所に現れる広大な湿原の風景は感動する!

 

この道中、その日のうちに大船山に登るべきか、テントを張ってのんびり過ごして大船は明日の
朝登るか、奥様と話してて奥様は「その日のうちに登りたい」と言ってたんだけど、雨ヶ池を過ぎた
後に見えた大船を一目見て「あれは登れんじゃろ!」と言い、僕の当初の希望どうり初の山での
テン泊はのんびり過ごしたいという方向に決定!

 

そのままテン場に向かうとこんな犬が。

 

 

全身犬用のサポートウェアに包まれて今にも宇宙に飛び出しそう・・・

 

朝、高速のPAで食べてから何も食べてなかったんでお腹ぺこぺこなもんでテントを建てる前に
まずは腹ごしらえ。

 

 

いやぁ~ただのおにぎり弁当もこんな雄大な景色のなかで食べると旨いね~!

 

昼食後はテントを設営してのんびり外で寝転んで明日登る大船を眺める。

 

 

やっぱりすぐに登らなくて正解!せっかく山にテント張るんだからこういう過ごし方を
したかった!山は逃げないから焦らない焦らない!

 

テン場にはこれからまだまだ増えるカラフルなテントが。

 

 

昼過ぎに到着したので時間はまだまだたっぷり。

 

そんな感じでまったり過ごしながら4時ぐらいになったのでお風呂に行くことに。
前回も法華院の温泉には入ったんだけどその後帰らなければならなかったため、せっかく
温泉で汗を流してもまた汗だくになるというあんまり意味がない入り方だったけど
今日はゆっくり汗を流し、風呂上がりのビールを楽しむぞ~!

 

温泉へGO!

 

 

お風呂を満喫した後、念願のビールを大船を見上げながら奥様を待っていたんだけど、しみじみ
来て良かった~と思えるほど最高の時間でした。

 

そして今夜の宿のテン場に戻り晩飯を作りながら(と、言ってもこの日は完全フリーズドライ
またまた乾杯!

 

 

夕食を食べ終えてまだ外で飲んでるととうとう雨が降り出したため、そそくさとテントの中へ。

 

テントの中で30分くらいくつろいでると雨がやんだ気配がしたんで、テントから顔を出してみると
月が出ていました。

 

そして、横を見るとお隣さんの同年代の方と、50歳代のベテランの方が飲んでました。

 

目が合うと「一緒に外飲みはどうですか?」と誘われたんですぐさまGO!

 

一緒に山の話などをしながら飲んでると奥様も出てきてみんなで車座になって月明かりの中、飲み語らいました。

 

いやぁ~もう最高!こういうのがしたかった!!

 

山で出会った人とテン場で飲みながら語らう!もう最高に幸せな時間でした。

 

しかし気づくと、9時を回っていた為、急いで就寝。いささか飲み過ぎた様で、少しふらふらでテントに
帰りました。寝ていると、奥様に起こされおぼれるんじゃないかというほど水を飲まされすぐに爆睡。

 

僕は環境が変わるとなかなか寝付けなかったり、夜中にたびたび目が覚めたりするんですがこの日は
睡眠不足や疲れもあり(ほぼ飲み過ぎだろうけど)翌朝、ご近所さんが4時半ごろ行動を開始するまで
爆睡で寝られました。

 

外に出てみると星がキレイ!今日は絶対最高の景色が見れる!と確信しました。

 

朝食を食べて身支度を整え、昨日一緒に飲んだお隣さんに挨拶をして6時半に大船に向け出発!

 

山の中はまだうすぐらく最初のうちは展望もなく、黙々と登って行きました。5合目を過ぎると向かいの
三俣山や坊がつるやなどが見え始め、気分も乗ってきた!

 

そして段原に着くと目の前には目指す大船山山頂が!かっこいい!

 

 

そこからはすぐに山頂に到着!

 

 

登ってる間はガスがかなり出てたけど、僕らが山頂に着くとガスが消え晴れ渡りそこには最高の景色が!

 

 

祖母山の形もはっきりと分るほど空気が澄んでました。

 

 

山頂でまったりしていると一羽のカラスが風に乗って舞い上がってきました。

 

 

おぉ!と、思ってると隣にいた常連さんが「ここのカラスは登山客のザックのファスナーを勝手に
開けて弁当を盗む。2度ほどやられて最初はカラスの仕業と分らずに一時期人間不信になった。」
と、話してました 笑

 

9時になったので去りがたいけど最高の気分で下山開始!

 

段原に戻るとリンドウが咲いてました。

 

 

あとはひたすら下り、10時過ぎにテン場に到着し、テントを撤収し帰り支度を。
正直凄く寂しい気分でした。もう一泊ぐらいしたいな~と思う気持ちを抑え、また来るぜ!
11時半ごろ下山を開始しました。

 

帰りは2人ともけっこうきつくて長者原に着いたのは13時半前でした。

 

そこから、一路自宅に向けてひた走りながら途中、早めの夕飯をとったりしながら帰り、家に
着いたのは20時半ぐらいでした。

 

疲れたけどとても思い出に残る山行で念願の山でのテント泊もでき、良い出会いもあって充実した
3連休でした。

 

今すぐにでもまた出かけたい心境です!